Our News

  • GAON

全州(전주)日帰り旅行記―その1

안녕하세요~ジュンス先生です。


久しぶりに韓国に帰って、毎日母と二人でのんびり過ごしていた4月のある日。

急に「ふらっと」どこかに行きたくなりました。

どこに行けばよいか少し悩んで、女子二人で全州に行くことにしました。


写真でみる日帰り全州の旅!一緒に楽しんでください!


全州(전주ジョンジュ)という都市について簡単に紹介すると、韓国の西南地方の中心都市のひとつで、豊富な食文化で有名な町です(ユッケが入った「ジョンジュビビンバ」が特に有名です)。ちなみに韓国のジョンラ道(全羅道)は、全州の全に、 羅州(ナジュ)の羅を合わせた地名です。また、朝鮮王朝の李氏家門の「地元」だったので、朝鮮時代の建物などもたくさん残っている、歴史的にも興味深いきれいな町です。

このような全州に今回行く主な目的は、

「とにかく美味しいものをいっぱい食べる(一日七食を食べるつもりでした!)」

「お腹がいっぱいになったら韓屋(ハンオク伝統家屋)をみる」ことです!


では、本格的に旅の話を始めます!

朝7時45分竜山駅(ヨンサン駅)のKTX(韓国の新幹線)を予約しておいたので、朝早く家を出ました。全州にはKTXのほかに高速バス、セマウル号(一般列車)でも行くことはできますが、どちらも3時間以上かかるので、日帰り旅行ならKTXがおすすめです。KTXの場合、2—3日前に予約しておくと10-15%ぐらい割引もできますので、予約する方がおすすめです。実際、今回の旅行では行きは15%、帰りは10%割引してもらいました!

予約はこちらから→http://www.letskorail.com/ebizbf/EbizbfForeign_pr16100.do?gubun=1


このようなKTXに乗って1時間半ちょっと走るといつの間にか全州に到着していました!



全州駅の中には「もっとも韓国的な都市、ここは全州です。」と書かれています。



どれだけ韓国的かというと、駅の建物まで韓国的でした!




早速、駅を抜け出してバスに乗るために移動しました。駅を出て2時方向に観光案内所があります。その前にもバス乗り場がありますが、そこではなくて、駅の敷地を出るとすぐ前に道路があります。道路の中央に下の写真のようなまるで島みたいなバス乗り場があります。そこで、119番か500番代のバスの方がよりはやく今回旅行の目的地の「ハンオクマウル(韓屋村)」に行きます。


バス停には下の写真のように各バスの路線図が書かれています。

母と私が行く目的地は「ジョンドンソンダン‐ハンオクマウル(ジョンドン聖堂―韓屋村)」です。

バス料金は1300ウォン。

ソウルで買った交通カードも使えます。実は「ジョンブク(全北)観光ツアーパス」というチケットを買うとバスにも乗れるそうですが、それほどお得ではないようです。日帰り旅行なら買わない方がむしろいいという話を観光案内所のおばさんが話してくれました。一応サイトはこちらから→全北観光ツアーパス(http://www.jbtourpass.kr/)



119番のバスに乗って20分。

目的地の一つ前の停留所に、母と私は慌てて降りてしまいました!

一体二人はどうしたんでしょう。続きは次のニュースを楽しみにしてください!


90 views0 comments